既婚女性が浮気をする心理11つ|なぜ既婚女性は浮気するのか?

男性だけでなく、女性も浮気話はよくあります。

そしてその女性が既婚である場合もあります。

今回は不倫をする既婚女性の心理を11つに分けてご紹介します。

既婚女性の浮気は本気度が高い

あなたは浮気をする既婚女性についてどう思いますか?

最近、ドラマや芸能ニュースなどで「不倫」多く取り上げられているので、目に留まる場合が多くなってきて、悲しいことに今では「不倫」をすることは珍しいことでは無くなってきています。

既婚男性ばかりが女遊びをするのではなく、既婚女性が浮気をしてしまうケースも多いのです。

そしてそもそも、女性にとっての恋愛は「遊び」ではなく、「本気」になるケースが多く、結婚していようがしていまいが、好きなカレが出来ると心身ともに彼に恋をします。

女性は体を許した男性には本気になってしまうもの。

体を許さずとも、夫とは違う男性に魅力を感じると、心が惹かれてしまいます。

女性は男性ほど割り切った恋愛には不向きです。

浮気をすると、彼に夢中になり本気度は増す一方、そしてどんどんのめり込んでしまいます。

既婚女性の浮気が増えている

男性にとっても、女性にとっても「不倫は悪いこと」なんて百も承知です。

大好きなパートナーと結婚した後に、まさか自分が不倫をするなんて、誰も予想していません。

しかし実際のところ、浮気をしてしまう女性が増え、罪悪感だけを感じるのではなく、浮気をするスリルを楽しんでいる女性も増えてきているようです。

既婚女性が恋愛することが増える原因として、働く女性が増えたからと言われています。

なぜ結婚しているにも関わらず、恋愛をしてしまうのでしょうか。

そういった女性の心理はいったいどんなものなのか、考えてみましょう。

既婚女性が浮気をする心理

寂しい

まず、浮気をする恋愛に多くみられるのが「寂しい」と言う感情です。

好きなカレと結婚し、「これでずっと、いつも一緒にいることができる」と思ってしまいます。

ですが、現実はもちろん理想とは違うもの。

すれ違いの生活が生じてしまうと、女性は寂しいと思い、その気持ちを中々夫に打ち明けることが出来ず、そしてその寂しさを紛らわせるために、別の男性との恋愛へ走ってしまうのです。

性欲が強い

次にあげられる特徴が「性欲が強い」ということです。

一般的に、男性と女性では性欲が強くなる年齢や時期に違いがあるといわれています。

男性は若い20代がピークで、30代を過ぎる頃には徐々に落ち着き、そのまま年齢とともに性欲がさがっていくと言われています。

ですがその反対に女性は、30代を越えた頃から急に性欲が強くなってくるのです。

この男女の本来の違いも、浮気の原因となってしまいます。

結婚に不満

付き合いが浅かったり、結婚生活について深く考えずに結婚を決めてしまい、理想とかけ離れた結婚生活に不満を持ってしまったり、夫に対し不満が溜まり、話し合う時間を設けることができず、上手く不満を解消することが出来ずに、他での楽しさで紛らわすために浮気へ走ってしまうのです。

恋愛経験が少ない

時には、恋愛経験が少ない女性も浮気にのめり込んでしまいます。

結婚するときには「この人しかいない!」と思って結婚したものの、結婚生活が落ち着いてくると、ふいに、若い頃にもっと男遊びをしておけばよかったという後悔の気持ちが芽生えてきます。

「夫以外の男性と恋愛をしたら、どんなものなのだろう?」そういった気持ちから、浮気願望が芽生えてしまうのです。

熱い恋愛をしていない

今の夫と結婚するまでの付き合いが長かったり、同棲をしていたりすると、結婚前でも一緒にいる時間が長くなり、結婚してからも相手へのドキドキする気持ちが薄れていくもの。

そんな時、ふいに「燃え上がるような熱い恋愛がしたい」と思います。

女性は恋に恋をする生き物ですので、こういった理由から浮気が始まってしまう女性はとても多いのです。

夫が大事にあるかってくれない

女性は、いつまでたっても女性として扱われたいと望みますし、女性であり続けたいと思うものです。

ですがそんな気持ちとは逆に、夫からは子供の母親として思われたりと、昔のように女性として大切に扱ってもらえない、と思ってしまう。

そんな時にあなたを特別な女性扱いをする男性と出会ってしまうと、ときめかないはずがありません。

忘れていた恋心や、誰かを思う気持ちを呼び起こしてしまうのです。

刺激がほしい

夫との結婚生活にマンネリを感じ、事務的な会話しかしなくなってくると、「退屈だな」と思ってしまいます。

そんな時にもう少し刺激やスリルを求めてしまいます。

もし自分の周りに自分に好意を持ってくれている男性に気付くと、その人と関係を持つことで、刺激を感じることができ、自分に自信を持つ事だってできます。

僻み・やっかみ

既婚女性の浮気には、女性特有の僻みややっかみが絡んできます。

たとえば、独身女性が好きな様に自由に恋愛していたり、自分の周りの夫婦がとても仲が良かったり。

そういった状況を身近に感じると、女性は自分と比べてしまい、もし自分のほうが劣っていると感じた場合、それが僻みややっかみとなり、今の生活では得られない感情を浮気で求めてしまう場合があります。

非日常を味わいたい

既婚者にとって「浮気」とは、通常あってはならないことで、言い換えると、非日常的なことです。

いつもの日常ではない刺激やスリルを求め、その感情にやみつきになってしまうのです。

「気付いた時にはもう遅い」「それなしでは日常生活を送ることができない」
そう思わせてしまうこともあるのです。

自分はまだモテると思いたい

結婚し夫だけが自分の相手であると、鈍感な夫であれば、オシャレをしても褒められない、ヘアスタイルを変えてみても気付いてくれない、そんなことがあるでしょう。

「自分はもう女性としてダメなのかな?」
自信が無くなってしまう前に、それを確かめるために、自分はまだまだモテるということを証明したいと思うでしょう。

そして、旦那以外の男性を口説いてみたり、褒めてくれる男性を作ろうとするのです。

セックスレスである

どんなに仲が良い夫婦でも、長年一緒にいるとだんだんセックスレスになる夫婦が多いのです。

セックスが出来ずに不満が溜まってくるのは、男性だけではありません。

女性も同じように不満が溜まり、それを解消しようとするのです。

既婚女性が浮気をする心理まとめ

以上、既婚女性が浮気をしてしまう心理についてお話しました。

女性にとって恋愛をするということは、日常生活を送る中で非常に重要なことです。

結婚していてもしていなくてもそれは変わりません。

そして既婚女性であると、ときめく気持ちを夫にもらえない場合は、他の男性へと求めてしまうのです。

非日常的な感情であれば、特にスリルを感じどんどんのめり込んでしまいます。

魔が差してしまうという事は、人間誰にだってあることですが、結婚しているのに浮気をしてしまうことは、大きなリスクがあるということをしっかりと認識しておいてください。